水道からの水漏れの原因と修理のポイント

水道からの水漏れの原因と修理のポイント 新築住宅や長い間住み慣れた実家のキッチンや洗面所などはいつまでも使えるような気がしますが、実は水回りの経年劣化に気付かず、突然のトラブルにつながることは少なくありません。水回りの寿命は10年から15年と言われていて、水道からの水漏れにはいくつかの原因があります。原因個所によって対処方法や修理にかかる費用は大きく変わってきます。部品交換で済むのかリフォームが必要になってくるのかによって費用は全く異なります。そこで、漏水の原因と修理方法で知っておくべきいくつかのポイントをご紹介します。これから新たに新築やリフォームを検討する際に参考にしてください。

■最も多い水漏れの個所と原因

キッチンからの漏水の原因個所は大きく分けて3つあります。まず最も多いのが蛇口からの漏水です。蛇口をしっかり締めているのに、根元からポタポタ垂れてくることがあります。この場合、蛇口本体の異状が疑われます。蛇口の寿命は長くて15年と言われ、結合部のパッキンが劣化していたり、ナットが緩んでいることが考えられます。こちらは傷んだ部品の交換のみで済むので、比較的修理時間も短く、簡単に行えます。
シンクの下の給水管や排水管から漏水している場合も、同じく結合部分に使われているパッキンやナットの緩みが原因の場合が多いです。どちらも同時期に設置されているので、交換、修理の際は一緒に点検することが望ましいです。その他にも蛇腹ホース内のつまりや損傷によって水が漏れしている場合もあります。
シンク自体から漏水している場合は、シンクと排水管を埋めているコーキング材の劣化やカビによる剥がれが考えられます。一度古いコーキング材を剥がして新たに塗り直す必要があります。周辺のコーキング材に傷みがないかもしっかり確認しましょう。

■水漏れを起こさないための予防策
水漏れが一度起きてしまうと、その周辺の壁や床への被害は免れません。本来は故障個所のみを修理すればいいはずが、周りのリフォームまでする羽目になることもあります。事前に水漏れを予防することができれば、そういった被害も最小限に防ぐことができるのです。予防方法としては、排水管の詰まりの原因になる油や異物を流さないことが肝心です。油は液体なので排水管に流せば流れるように思いますが、何度も繰り返すことで排水管内に層ができ、どんどん詰まりやすい状況になってしまいます。まずは詰まりの原因になりそうなものを流さないことを徹底しましょう。
また、定期的に排水管の詰まりを除去する薬剤で手入れしておくことも大切です。蛇口のパッキンなども定期的に交換することで、突然のトラブルを回避でき、見えない間に起こる被害を最小限にすることができます。

■ライフスタイルに合わせたリフォームで、水回りのトラブル回避

今現在水漏れの被害がなくても、家庭環境や生活スタイルの変化により、水回りのリフォームが必要になることがあります。介護等をする場合には、車いすでも使いやすい高さの洗面台になっているか、蛇口は手を伸ばして届く位置かなど気にしなければいけないポイントがあります。あるいは子供が生まれたりして家事を効率化するために蛇口が伸びるシャワータイプに変更することもあります。その際には水漏れしにくい蛇口にすることが重要です。蛇口にはレバーを動かして使うシングルレバー混合水栓や、センサーで反応するタッチレス水栓など、様々な種類があります。センサーが付いている場合は蛇口周辺を汚すことがないので、掃除の際とても便利です。自分に合ったタイプを選びリフォームすることで、余計な手間や無理な使い方が減り、トラブルの少ない水回りを実現できます。

■まとめ
日頃しっかりと掃除でケアをしていても、内部のパッキンやナットの劣化に気付くのは容易ではありません。突然の水漏れによる水道 修理を依頼するよりも、早めの点検で部品交換やリフォームを検討してみてはどうでしょうか。それにより劣化の早期発見、早期修理ができ、二次被害、三次被害を未然に防ぐことができるのです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース