排水管が原因の水漏れ修理を依頼する際の業者選び

水道やトイレの汚水を流すのに大切な排水管ですが、日頃目につかない場所のため、清掃が行き届いていないこともあるのではないでしょうか。お手入れを怠ってしまうと、予期せぬ水道 工事や水漏れ修理で思わぬ出費がかかってしまうかもしれません。排水管の詰まりの原因を認識し、故障の原因となる行動を少しでも減らすことが大切です。

■意外に多い排水管の詰まり

水を流す時、普段はあまり意識せず流す人がほとんどです。しかし気づかない間に、詰まりの原因になるものを流していることがあります。
トイレの場合、一度に多くのトイレットペーパーを流して詰まることは周知の事実です。他にも子供が誤って玩具を落としたり、親に食べ残しを知られたくなくて残飯を捨ててしまったりすることもあるかもしれません。それらは全て綺麗に流れず、排水管に蓄積されてしまいます。年数が経てば経つだけ堆積量が増えてしまうので、突然排水管が詰まる事態になってしまうのです。すると水を流すごとに負荷がかかり、排水管の亀裂による水漏れが起こるようになります。
キッチンやお風呂場でも多少の残飯や髪の毛を排水溝に流していると、同様のトラブルにつながってしまいます。排水管の修理は重度の場合高い費用がかかってしまうこともあるので、日常での意識付けが大切になります。

■修理の際の業者選びのポイント

排水管修理に限らず、初めての業者に依頼するのは不安なものです。そこで安心して任せられる業者の特徴を紹介します。
まず見積もりが簡単にとれ、見積もりに費用を要しないことです。見積もりを依頼してもなかなか対応してくれなかったり、あるいは見積もりを取るだけで現地に見に行く出張費を高額に請求されたりする場合は一度考え直しましょう。
また、料金が明確で分かりやすいことも重要です。複雑な料金体系をとっている場合、見積もりで聞いていた額から突然追加料金を加算されることがあります。何にいくらかかり、どんな場合に追加料金がかかるのかしっかり理解できる業者にお願いすることで、料金トラブルを回避することができます。

■まとめ
排水管 水漏れや修理は頻繁に起こるものではありません。そのため突発的に業者の選定をしなければいけないので、冷静に行動することができないこともあります。日頃からトラブルを想定し、依頼する業者を決めておくことで、緊急時の不安を軽減させることができます。かかりつけ医のような身近な修理業者を、この機会に選んでトラブルに備えておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ