水道の水漏れセルフ修理の方法とメリット、デメリット

水道 水漏れ修理は、できれば費用を安く抑えたいのが本音でしょう。しかし自分で行う場合にはいくつか気をつけなければならないポイントがあります。誤った方法で行ってしまうことにより、思わぬ事故や故障が起こってしまうこともあります。それに伴い予想していなかった費用が生じてしまうこともあるので、事前にメリット、デメリットを充分理解したうえで行うことが大切です。

■経費削減を考えるなら自己修理が安い

水道の水漏れ対策を安く抑えるなら、断然自分で直す方が業者に依頼するよりも安く済ませることができます。傷んでいる部分の部品を購入し交換するだけなので、自分の都合のいい時間に直すことができるのもメリットの一つです。ただし痛んでいる部品を購入してきたりする手間が生じてきます。また、特殊な工具が必要な場合は、交換部品以外の費用がかかってしまうことがあります。
業者に頼んだ場合は、事前に見積もり依頼ができるので、後から予想外の請求が来る心配がありません。また、プロに任せることができるので、修理した箇所に不安を感じることはありません。
自分で故障個所を直す場合、修理の仕方が合っているか分からない不安が常に付きまといます。修理後の不安感や、知識不足による二次被害が起こる可能性も捨てきれません。修理するために部品を購入しに行ったり、修理の仕方を調べる等で自分の貴重な時間を使うことになるので、場合によっては修理のプロである業者に依頼する方が、費用対効果が高いこともあります。自分にとってどちらの方がメリットが多いのか検討をすることが大切です。

■故障個所を見極め、正しい部品を準備する

水道にはシングルレバー混合水栓と2ハンドル混合水栓の二種類があります。これらの種類の違いによって、修理方法はもちろん、交換部品も変わってくるのでしっかり確認してから購入しましょう。ホームセンターなどには同じようなパーツがたくさん並んでいるので、間違って購入した場合、時間も費用もそれだけかかってしまいます。もし部品が分からない場合は、初めから業者に依頼する方がお得なケースもあるので、確認してから行動に移しましょう。

■まとめ
水のトラブル修理はとても繊細なものです。ひとつ間違えると、配管を傷つけたり異物を詰まらせてしまったりするなどの事故にもなりかねません。簡単な部品交換やナット締め程度は自分でやることで出費を抑えることができますが、蛇口の交換などになった場合は、しっかり見積もりを依頼して、納得いく形で業者に依頼する方が、後々の大きなトラブルを防げるようになります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ