蛇口の交換・修理で水漏れ予防

古い住宅に住んでいると、様々な場所で不具合が起こってきます。代表的なもので言うと、水回りや壁紙です。特に水回りの水漏れ修理は放置しておくと周りにも被害が拡大するケースが多いので、早めに気づき対処することが必要になります。水回りの経年劣化では、特に水道の水漏れが挙げられます。完全に故障してしまう前に蛇口 交換をすることで、水漏れによる被害を事前に防ぐことができます。蛇口 交換にあたって、使用個所ごとに特徴を理解し、より長持ちする蛇口を選びましょう。

■キッチンでの使用に向いている蛇口タイプ

キッチンは日頃料理を作る上で欠かせない場所です。そのため使用頻度は高く、その分汚れが堆積する場所です。日頃のお手入れを心がけることで、故障や修理などのトラブルが少なくなり、より長く使うことができます。
キッチンに多く使われている蛇口の種類が、2ハンドル混合水栓とシングルレバー混合水栓です。2ハンドル混合水栓は特に古い住宅に多く、温水と冷水に分かれているハンドルを回して、水量、温度調節ができます。二つのハンドルに分かれている分、お湯の使用頻度を意識的に抑えることができるので、節約の観点でメリットがあります。
シングルレバー混合水栓は新築住宅などの新しい建物に多く、一つのハンドルで温水と冷水を調節することができます。ハンドル混合水栓のようにハンドルが二つないので、汚れがつきにくく、清掃が楽なことがメリットとして挙げられます。直接蛇口に触らないタッチレス水栓も、調理中に便利なことから人気が高くなっています。

■お風呂場での使用に最適な蛇口タイプ

お風呂場では2ハンドル混合水栓とサーモスタッド混合栓の二種類が主に使用されています。2ハンドル混合水栓は追い炊き機能のついていない賃貸物件のお風呂場に多く、冷めてしまった湯船にお湯だけ追加するのに優れています。
サーモスタッド混合栓は温調ハンドルで温度の調節ができ、途中で熱くなったり冷たくなったりしないので、子供や高齢者がいる家庭に最適です。今使用している蛇口に不安があるなら、快適なものに交換するのも選択肢の一つです。

■まとめ
水回りの交換は、何かトラブルが起こってから考えることが大半ですが、異状が起こる前に交換やリフォームをすることで余計な被害や不安を解消することもできます。水漏れ後に慌てて修理をすると、業者を吟味することもできず、より自分たちの生活に合わせた変更等を考える余裕もなくなってしまいます。事前に準備、心づもりをしておくことで、費用を抑えられることにもつながります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ